Entries

スポンサーリンク

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazokudego.blog.fc2.com/tb.php/81-6b2b792c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサーリンク

(旅)鳴門の渦潮

スポンサーリンク

生まれて初めて鳴門の渦潮を見るため、徳島の鳴門へ行ってきました。噂で聞く鳴門の渦潮をまじかで見た感想をお伝えします。


今回、渦潮を見るために利用したのが、"鳴門観光汽船"の"うずしお観潮船"です。大鳴門橋(おおなるときょう)が見える海岸沿いを車で走ると、"鳴門観光汽船"の建物が見えてきます。




今回は大型観潮船"わんだーなると"で渦潮を見てきました。運賃は、大人 1,530円、小人(小人は小学生)770円です。鳴門海峡では、満潮時と干潮時に渦潮が発生し、満潮時と干潮時の前後1時間半が見ごろといわれています。
今回、干潮の時間を狙って出かけましたが、混んでいたため一つ後の船に乗ることになりました。一番渦の大きい干潮の時間から1時間程度経っていますが、まだ渦を楽しめました。


次の写真は観潮船から見た大鳴門橋です。この景色だけでも来た価値がありますね音譜




これ以降、肝心の渦の紹介です。私が見た時間帯の渦が少し力不足だったのかもしれませんが、船が行きかうと渦が分からなくなることもありました。でも、実際の渦は迫力がありましたよ。


静止画だと動きがないので渦の場所が分かりにくいかもしれませんが、ご勘弁を。




大鳴門橋と渦潮です。絵になりますね~




こちらも大鳴門橋と渦潮です。迫力ありますね~




次は大鳴門橋の真下で複数の渦が渦巻いているところです。



次は大きい渦ですよ。これなら写真でも分かりますよね?




次も大きい渦です。




最後に大型観潮船"わんだーなると"です。お疲れさまでした。




□うずしお観潮船(鳴門観光汽船)
住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港
電話:088(687)0101 
URL:http://www.uzusio.com/

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazokudego.blog.fc2.com/tb.php/81-6b2b792c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
スポンサーリンク

Appendix

プロフィール

kazokude-go

Author:kazokude-go
関西を中心に旅行、食べ歩きをつづっています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。