Entries

スポンサーリンク

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

格安東京ツアーへGO!高速深夜バスの実態を調査(運賃税込2500円)

スポンサーリンク
久々のブログ更新は、東京旅行のお話です。

行き方は、飛行機、新幹線と色々考えたのですが、今まで乗ったことのない高速バスを利用して、旅行プランを立てました。

選択したのは、埼玉県に拠点を構えるフジトラベル㈱の運航するナイトライナーです。

高速バスには3列シートと4列シートがあります。

一般的に3列シートがゆとりがあり、楽なのですが、4列シートと比べるとちょっと値がはります。

当初は3列シートを検討していたのですが、どうせなら、格安のバスに乗ろうと、バス発車前日に楽天トラベルで、税込2,500円の4列シートのバスを予約しました。

梅田から東京まで乗せてくれて、水も一本サービスで、ブランケットも貸してくれて、この値段!

ちょっと安すぎませんか~??

↓下の図は旅行から帰ってキャプチャしたので、少し値上がりしています。

2013061301_image017.jpg

利用している人に色々聞くと、出発直前で席が空いている場合は、今回のように特別安い値段で、利用できるみたいです。

気になる方は、下のバナーから価格をチェックしてみてください。



さて、楽天トラベルで、ナイトライダーを予約し、即時カード決済で料金を支払い、出発当日の夜を待ちます。

乗り場は、梅田と中津の間にある、「梅田プラザモータープール」です。

大阪駅から徒歩15分ぐらいの場所にあります。

初めて行く人は時間に余裕を持って行かれた方がいいと思います。

梅田プラザモータープールは、梅田芸術劇場の道向かいにあります。

こちら↓は、梅田芸術劇場

2013061301_image002.jpg

横断歩道を渡ったこちら↓が、梅田プラザモータープールです。

2013061301_image001.jpg

一応看板があります。中をのぞくとバスが数台止まっているので、近くに行けばすぐに分かると思います。

2013061301_image003.jpg

今回、乗車するのは一番手前の白いバス(4列シート)です。

外観が同じバスで、3列シートもあるそうです。

2013061301_image004.jpg

まずは、梅田プラザモータープール内で受付を行います。

2013061301_image005.jpg

乗車予定のバス(ナイトライナー)の予約票?を頂きます。

しばらく、バスの横で待っていると、乗車するバスの説明があり、乗り込みます。

バスの入口で、運転手らしき人が名前をチェックし、座る席を指定します。

対応は丁寧で、まったく問題ないですね。

2013061301_image006.jpg

車内はこんな感じ。普通の4列シートの観光バスです。

2013061301_image007.jpg

バスに入ると、既に車内のカーテンは閉じられていました。

2013061301_image009.jpg

席に座ると、ブランケットとサービスの水(Crystal GEYSER)が置いてありました。

これはお得です!

2013061301_image008.jpg

2013061301_image010.jpg

水のボトルに消費期限の表示が見当たらない気がするのですが、このあたりに書いてあるのかな?

飲みましたが、特に問題はありませんでした。

2013061301_image013.jpg

ちなみに座席の足元はこんな感じです。

普通の観光用のバスなので、足は伸ばしにくいですね。

2013061301_image011.jpg

この日、私がバスに搭乗した時点で、既に10名程度の人が乗車していました。

乗車した時点では、バス内は冷房が効いておらず、かなり蒸し暑かったです。(冷房自体が動いていないので)

また、横は4列あるのですが、最大で窓際が2席に乗客がいる状況でした。

全体を見ると、乗車率は35~40%ぐらいだったかな。

やはり4列シートでは、隣の座席との間隔が狭いので、搭乗率が100%近くになると、かなり疲れる旅になってしまいそうです。

ちなみに荷物は、乗車前にバス側面の荷物入れに入れるか、バスの天井近くにある狭い荷物入れか手元に置いておくかのいずれかで対処します。

さて、22:32になりバスにエンジンがかかりました。

この時点で、冷房が効きだしました。また、客席と運転席との間にカーテンが引かれ、アナウンスがありました。

アナウンスの内容は、「全席指定、全席禁煙、ブランケット、ミネラルウォータ、etc」の簡単な話で、詳しい案内は京都駅出発の際にするとのことでした。

2013061301_image012.jpg

大阪を出発したバスは、車内の電気がついたままで、京都へ向かいます。

23:18に近鉄京都駅へ到着しました。

到着後、エンジンが停止し、冷房も停止。ただ、送風機の音は止まっていませんでした。

その後、23:41にエンジンを始動し、クーラーが再度有効になりました。

京都を出発してから、運転手からアナウンスがありました。

名神高速道路経由で、東京へ向かうこと、八王子(5:30~6:00到着予定)、新宿(八王子+1:00~1:30程度)、東京駅(新宿+20分程度)に順次到着すること、お手洗いは3か所(養老サービスエリア+2か所)に2:00~2:30の間隔をあけて止まることなどの説明がありました。

その後、15分ほどして、高速道路に入ると、車内は完全消灯。

乗車している人が少ないことも影響しているかもしれませんが、少し冷える感じでした。

ブランケットが若干小さめなので、冷え症の方は長袖を準備した方がいいと思います。

5:31 車内の電気がつきました。八王子到着のアナウンスがあり、5:33に八王子に到着しました。

     八王子を出発すると、再度車内の電気が消えました。

6:24 新宿到着のアナウンスがあり、直後、新宿に到着しました。

     アナウンスがあってから、降りるまでの時間が短いので、注意が必要ですね。

6:45 東京駅到着のアナウンスがあり、東京駅から徒歩3分程度の場所にバスが停車しました。

2013061301_image014.jpg

東京駅は目と鼻の先です。

2013061301_image015.jpg

JRの丸の内北口から駅の中に入りました。

2013061301_image016.jpg

大阪から東京まで片道2,500円で行けるなんて、驚きました。

少し前に高速バスで大事故が発生してから、格安バスでも2人乗務になったみたいですし、、運転手の方の対応も問題なく、こんなにお得に利用させて頂いて、申し訳ないです。

男性だけでなく、20~30歳代の女性の利用も3割程度はありました。

ただ、混みあう金曜日の夜などは格安バスはかなり疲れそうなので、利用はお勧めしません。

やはり空いている平日夜間の利用がお勧めですね。

また、高速バスを利用する際は、エアー枕とアイマスクは必需品です。

高いものは必要ありませんが、これがあるだけで、翌日の疲れ方がだいぶ違います。

エアー枕を膨らませて、窓際の席に腰かけ、窓側に持たれます。

通路側に足を出して寝ると、結構広く快適に寝ることができます。



あと、車内は休憩のための停車のたびに電気がつきます。

自分のペースで寝るには、しっかり遮光できるアイマスクが必需品です。



スポンサーリンク
スポンサーサイト
スポンサーリンク

Appendix

プロフィール

Author:kazokude-go
関西を中心に旅行、食べ歩きをつづっています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。